中園医院の眼科診療のご案内眼科診療のご案内

ドライアイについて

目がごろごろする、、、。
目が重たい感じがする、、、。
目に違和感がある、、、、。
目が疲れる、、、、。
涙がでる、、、、。
物がかすんで見える、、、。

などの症状でお困りではありませんか?

日常生活の中で、テレビ、パソコン、携帯の画面などを見た後、目に上記のような、不快感をおぼえる方が 増えています。この様な症状をお持ちの方で、最近増えているのが、目の乾燥などでおきるドライアイです。

ドライアイとは、、、。

『さまざまな要因よる涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能障害を伴う』と、 2006年にドライアイ研究会で定義されています。

なみだの役目は、

目の乾燥を防ぐだけではなく、感染防御、目の表面の洗浄、栄養補給などの役割もはたしています。

なんらかの原因で、涙の分泌が減少、目の表面から涙の蒸発が亢進、あるいは、その両方がおき ると、涙液が正常でなくなり、涙が角結膜上皮(目の表面)を十分に保護出来なくなります。
そのため、目の表面に傷が着きやすくなります。

目に上記のような症状が気になる方は、「 ドライアイ」かもしれません。是非、当院眼科までご相談ください。

ドライアイの方の中には、身体に病気(シェーグレン症候群など)があり涙液分泌が非常に減少する方がおります。
シェーグレン症候群は、ドライマウスや、重度のドライアイを合併することがあります。
この病気は、眼科所見、口腔検査、血液検査、病理検査で診断がつきます。

当院では、ドライアイの方には、ドライアイの原因別、涙液の層別に、治療しております。
点眼等による薬物療法、生活環境改善指導、などで症状が良くならない方には、涙点プラグの挿入を行うことがあります。

このページの上に戻る

目の不自由な方(ロービジョン)はこちら

スマートフォン用医院情報

トップページへ内科・小児科・皮膚科眼科検診・予防接種糖尿病診療睡眠時無呼吸症候群医療設備紹介医院紹介アクセスマップ