狭山市で慢性閉塞性肺疾患(COPD)のことなら中園医院慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは

COPDとは長年の喫煙により肺、気管支が傷み、それによりせき、たん、息切れをきたす病気です。
たばこを吸い続けていると病気が進行し、着替えるなどすこし動くだけでも息切れがでて苦しくなります。
昔は肺気腫、慢性気管支炎と呼ばれていました。

日常生活で以下のような症状があるとCOPDの疑いがあります。

  • 同年代の人より歩くのが遅くなった
  • 階段や坂道で息切れがする
  • 重たい荷物を持つと息苦しくなる
  • かぜが長引いて咳が止まらない
  • 朝起きるとたんがからむ

COPDの検査

COPDの診断には呼吸機能検査が必要です。

具体的には機械に向けておもいきり息を吸ったり吐いたりすることで、肺の元気さが分かります。

そのほか胸のレントゲンも診断の補助に用います。

 

当院で行うCOPDの治療

COPDの治療はまず禁煙です(当院では禁煙外来はやっていません)。これが最も効果的な治療です。

薬としては吸入の気管支を広げる薬(吸入抗コリン薬や吸入β2刺激薬)が中心となります。内服もありますが、吸入薬で効果が乏しい場合に使用します。
インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンを接種すると、急に調子が悪くなる(増悪)のを予防できます。

このページの上に戻る

目の不自由な方(ロービジョン)はこちら

スマートフォン用医院情報

トップページへ内科・小児科・皮膚科眼科検診・予防接種糖尿病診療呼吸器診療アレルギー診療睡眠時無呼吸症候群医療設備紹介医院紹介アクセスマップ