中園医院の眼科診療のご案内眼科診療のご案内

糖尿病網膜疾患

『糖尿病』は、どのような病気ですか?

『糖尿病』は、高血糖(血液中の血糖値が高い状態)が続く病気です。
高血糖の状態が続くと合併症を引き起こします。 『網膜症』『神経障害』『腎症』は、糖尿病の三大合併症です。 また、その『糖尿病網膜症』は、成人の三大失明原因のひとつです。
糖尿病網膜症は、初期では自覚症状が殆どありません。
網膜症は、気がつかない間に忍び寄る怖い病気です!! 自覚症状では、目の奥の状態は分からないため、 定期的な眼底検査が必要になります。

なぜ、『糖尿病』では目に合併症がでるのですか?

目の奥の網膜(神経の膜)には、多くの毛細血管があります。長い間、高血糖にさらされた細い血管は、つまったり、血管の壁が痛んだりし、網膜の出血やむくみ(血管からの血液中の血漿成分のもれ)が見られるようになります。そして、網膜循環(血流)が悪くなり、酸素、栄養分が不足し、網膜症が進行していきます。

糖尿病は失明しますか?

糖尿病網膜症には、病気の進行の状態で大きく3つに分類さています。
1.単純網膜症
2.増殖前網膜症
3.増殖網膜症

増殖網膜症まで進行すると、失明にいたることがあります。しかし、はじめて2型糖尿病を指摘されてから、失明にいたるまでには、何年も経過していることが多いのです。

初期のうちは、ほとんど自覚症状がないため、自分で網膜症を発症していることに気づくのが難しい病気です。 失明予防ため、適切な時期に治療を受けるためには、眼科での定期検査が非常に大切な病気です。

当院での網膜症の治療

内科医からの勧めにより、糖尿病を治療している方に、合併症の網膜症が発症してないか眼底検査をおこないます。
また、すでに網膜症のある方には、定期的な眼底検査、進行した網膜症に対しては、蛍光眼底造影検査で、網膜の循環の状態を調べます。また、高解像度の断層像を得ることの出来るOCT検査にて眼底の組織の状態を観察し、糖尿病網膜症の病期、活動性を診断します。

糖尿病網膜症の治療の一つである、網膜レーザー光凝固も当院で施行しております。
また、手術が必要な方につきましては、網膜硝子体専門医と連携治療をしております。

当院の糖尿病診療は、糖尿病の方が、先に眼科を受診されても、先に内科を受診されても、必ず、内科医と眼科医が常に連携を取りながら、栄養指導、血糖コントロール、網膜症治療と管理を行います。

このページの上に戻る

目の不自由な方(ロービジョン)はこちら

スマートフォン用医院情報

トップページへ内科・小児科・皮膚科眼科検診・予防接種糖尿病診療睡眠時無呼吸症候群医療設備紹介医院紹介アクセスマップ