狭山市で睡眠時無呼吸症候群(SAS)のことなら中園医院SAS(睡眠時無呼吸症候群)

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中にのどの空気の通り道がふさがる事で、呼吸が繰り返し止まってしまう病気です。本邦には数百万人もの患者が存在すると言われますが、多くの方は診断を受けるにいたっていません。この病気は、日中の眠気や夜間の頻尿などの日常生活を過ごす上で困る症状を引き起こすだけでなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と密接な関連があり、放置しておくと心筋梗塞や脳卒中などの病気を発症しやすくなる危険があることが知られています。以下に注意をして頂きたい点につき、列記します。

・いびきをかく事だけでは、診断はできません

この病気のかたは、いびきをかく回数は多いです。しかし、いびきをかく人が、必ずしもこの病気を合併するわけではありません。

・肥満の人にだけ見られる疾患ではありません

体重が重い人に起こりやすいのは間違いありませんが、全身の体格と関係なく、顎が小さい人や扁桃が大きい人などにも起こります。

・必ずしも症状があるわけではありません

日中の眠気と病気の重症度は、必ずしも比例しません。また、眠気が強いのではなく、「よく眠れない」という症状の方もいらっしゃいます。いずれにしても、調べてみないとよくわかりません。

・無呼吸症候群は1種類だけではありません

空気の通り道がふさがる一般的なタイプだけでなく、心臓が悪い方に主に合併しやすい無呼吸もあります。こちらは、呼吸の命令を行う脳からの司令がうまく伝わらない病気です。こちらも放置する事で、心臓病の予後を悪くしてしまいます。

・全ての人が治療を要するわけではありません

病気が生命予後に関係するのは、主に重症の方です。主な治療は、CPAPと言われる機械を毎晩使用して頂く方法、そして、マウスピースを使用して頂く方法です。場合により、耳鼻科や歯科の手術が有効なケースもあります。当然ですが、体重の減量も必要です。

夜間の事ですので、特に調べない限り、診断はできません。きちんとした診断は、専門施設で1泊宿泊して頂くのが原則ですが、普段と異なる環境で、よく知らない検査をいきなり行う事で十分な睡眠が取れないこともあります。当院では、皆さんのご自宅にて検査のできる簡易型の検査機器を採用しております。いくつか簡単な注意を守って頂ければ、どなたでも検査できます。繰り返しになりますが、この病気は検査をしてみないと放置される疾患ですので、ご遠慮なく、お問い合わせください。
以下のような方は、特におすすめです。

  • 家族にいびきや息が止まっているのを指摘された事がある方。
  • 睡眠時間を確保しても、日中の強い眠気やだるさがある方。
  • 睡眠自体の熟睡感に乏しい方。何度もトイレに起きる方。
  • 起床時に頭痛や胃のむかつき感などがある方。
  • 肥満が気になる方。検診でメタボリック症候群と診断されている方。
  • 高血圧の治療を受けているが、何剤も薬を飲んでいる方、
    また、なかなか血圧が下がらない方。
  • 過去に心筋梗塞、心不全、脳卒中、脳梗塞などの病気を指摘された事がある方。

このページの上に戻る

目の不自由な方(ロービジョン)はこちら

スマートフォン用医院情報

トップページへ内科・小児科・皮膚科眼科検診・予防接種糖尿病診療呼吸器診療アレルギー診療睡眠時無呼吸症候群医療設備紹介医院紹介アクセスマップ