狭山市で喘息治療のことなら中園医院喘息治療

『喘息』ってどんな病気?

気管支喘息とは空気の通り道(気道)に炎症が起き、気道が敏感になります。そして発作的に気道が狭くなり、苦しくなる(息をするときにゼーゼー、ヒューヒューと音がします)ことを繰り返す病気です。

日本では子供の8~14%、大人では9~10%が喘息を持っていると報告されており、多くの人がかかる病気です。

気道炎症のきっかけはダニなどのハウスダスト、ペットのフケ、カビなどのアレルギーによることが多いです。

 

喘息にはどのような治療があるの?

喘息治療の大黒柱は吸入ステロイド薬です。
ステロイドと聞くと副作用が気になりますが、適切に使用すれば副作用は少なく安全です。
症状の重さに応じてその量を調整したり、他の薬を追加したりします。
また、ダニなど原因が分かっている場合はそれらを避け、タバコを吸っていれば禁煙しましょう。もし発作が起こったら、効果の早い気管支拡張薬を吸入しましょう。

1.飲み薬での治療
  非発作時の飲み薬

2.発作時の治療 吸入

このページの上に戻る

トップページへ内科・小児科・皮膚科眼科検診・予防接種糖尿病診療呼吸器診療アレルギー診療睡眠時無呼吸症候群医療設備紹介医院紹介アクセスマップ