中園医院の眼科診療のご案内眼科診療のご案内

『緑内障』

緑内障はどんな病気?

緑内障は、視神経と視野に特徴的な変化がおこり、
眼圧を十分に下げることで、通常は、視神経の障害を押さえることが可能な病気です。
岐阜県多治見市でおこなわれた疫学調査では、40歳以上の人口で緑内障患者は約5%で、予想以上に成人の多く、その9割以上が眼科にかかったことのない患者でした。

緑内障はどのような人がかかりやすの?

緑内障は、眼圧(眼球の圧力)、加齢、遺伝等が関係していることがわかっています。
一般的に、緑内障は、病気がある程度進行するまで、自覚症状がほとんどありません。
気づかない間に、視野障害がかなり進行してケースもよくあります。 一度障害を受けた視野をもとに戻す治療は現在では難しく、進行を予防する治療になります。
早期発見、早期治療が大切な病気です!!
40歳を過ぎたら、緑内障の早期発見のため、定期検査を受けることをお勧めします。

どんな検査が必要ですか?

一般的には、視力検査、前眼部検査、眼圧検査、眼底検査、OCT、視野検査etcを行います。

1. 視力検査
 
2. 前眼部検査
隅角、前房、水晶体の状態を診断します。
隅角検査  隅角の広さを判定します。緑内障の種類を調べます。
3. 眼底検査
視神経の凹み、血管走行、網膜の神経繊維層を見ます。
検診の眼底写真から発見されることもあります。
4. 視野検査
視野障害や視野欠損の程度を調べ、病期の診断、治療の効果をみます。
5. OCT
近赤外光によって眼底組織を走査し、高解像度の断層像を得る検査です。
この機械を利用して、網膜神経線維層の厚みを測定し、眼底の緑内障性の変化を観察します。

緑内障治療

患者様の視機能を維持するために、目標眼圧を設定して、 眼圧を下げる治療を行います。

  • 薬物療法(点眼、内服、緑内障発作時は、点滴を行うこともあります。)
  • レーザー治療
    急性緑内障発作や、閉塞隅角などの瞳孔ブロックの解除の目的でレーザー治療行うことがあります。
  • 眼圧コントロールが不良の患者様、または、手術が必要な方は、大学病院の緑内障専門外来に紹介しております。

このページの上に戻る

目の不自由な方(ロービジョン)はこちら

スマートフォン用医院情報

トップページへ内科・小児科・皮膚科眼科検診・予防接種糖尿病診療睡眠時無呼吸症候群医療設備紹介医院紹介アクセスマップ