狭山市 眼科|中園医院トピックス

トピックスのバックナンバーを読む

3D映像と目への影響

近年、この3Dに関する映像技術は急速な進歩を遂げており、3D映画をはじめ、家庭での3D対応テレビ、3D対応パソコン、そしてゲーム機と、現在、私達の身の回りには、3D映像があふれています。
その一方で、独立行政法人国民生活センターには、3D映像視聴後の眼精疲労や不快感、頭痛や複視、映像酔いの報告がされており、生体への影響も懸念されております。

今回は、3D映像と目への影響についてお伝えします。

3D映像の仕組み

3Dとは三次元のことですが、最近では立体の映像や画像のことをさしています。
また、3D映像仕組みは、偏光メガネや液晶シャッターメガネを用います。両眼の視差を利用し、映像や画像の平面において、 画面より前に飛び出したり、奥行きを感じたりし、立体的に画面を見る方法を取っています。


3D映像と立体視

3D映像には同側の視差を利用した方法で、スクリーンに対して引っ込んだ立体映像と、交差性の視差を利用した飛び出した立体映像があります。 斜視や弱視があり、正常の立体視を持っていない人でも、大画面の飛び出した立体映像は、認識できる場合があると言われています。ただ、両眼視機能の発達過程にある就学時前の小児においては、3D映像視聴後に、急性内斜視を発症したと言う報告もされています。

3D映像と眼精疲労

3D映像視聴時には、左右眼に映し出される映像の特性差、撮影や表示の際の様々な条件により、現実の空間より、映像により再現された空間が見えにくく感じたり、不自然に感じたりします。

日常では、輻輳(ふくそう;視線を内方によせる眼球運動)と輻輳角の関係が、比例関係にあるのに対して、3Dでは、調節はスクリーン上に合わせているため、輻輳角が様々に変化する点が、眼精疲労の原因ではないかと不二門尚氏※1は述べ、3D映像と様々な客観的パラメーターの関係を検証しています。3D映像をみると、屈折は近視化、瞳孔(ひとみ)は小さく、輻輳系は輻輳過多(内斜傾向)に変化すると報告し、眼球に対する自律神経の支配が、疲労を示唆する(副交感神経優位)になっていると述べています。また、この変化は可逆性で、視聴後30分後には回復しいてると報告しています。

今後、3D映像は、標準化される時代が来ることが予測されますが、両眼視機能が発達過程にある就学時前の小児には、視聴制限が必要と思われます。
また、成人であっても、3D映像に対する視差の許容の限界は、幅があるため、個人の両眼視機能に合わせて、視差の調節が出来る機会の開発が望まれます。
さらに、輻輳不全のある人では、眼精疲労が起きやすいので注意が必要です。
3D映像を楽しむためには、視聴者、制作者ともに、視機能を理解し、眼科医が個々人の両眼視機能を評価し、啓発する必要があると言われています。

〔参考文献〕
不二門 尚※1:3D映像と両眼視:日本の眼科81:11号(2010):1414-1418より引用
   ※1不二門 尚:大阪大学大学院医学系研究科医用工学講座感覚機能形成学
江本正喜※2:3D映像と再現空間の歪み:日本の眼科81:11号(2010):1410-1413より引用
   ※2江本正喜:NHK放送技術研究所 人間・情報科学研究部


このページの上に戻る

目の不自由な方(ロービジョン)はこちら

スマートフォン用医院情報

トップページへ内科・小児科・皮膚科眼科検診・予防接種糖尿病診療睡眠時無呼吸症候群医療設備紹介医院紹介アクセスマップ